ブログ

blog

Home

2023年度リフォームに使える補助金はこれ。リフォームをするならバルジ建築設計室

NEW

2023.01.11

リフォーム
住まいに関する「お金」

【2023年度最新版】リフォーム補助金はこれ!

2023年リフォームの補助金はこれ

こどもみらい住宅支援事業の予算が無くなったみたい。。。

最後駆け込みのように、終了したね。

達成状況80%からはあっという間だった。うちのお客様の分も慌てて行ったよ。

ぎりぎりにリフォームした人は間に合わない方も多かったみたいだね。次、使えそうな補助金はあるの?

住宅省エネ2023キャンペーンとして、新しい国の補助金が始まるよ。今回は窓のリフォームのみに使える補助金があるみたい。詳しく調べてみるよ!

リフォームに使える補助金~2023年度はお得にリフォームしよう~

こんにちは。

 

 

「こどもみらい住宅支援事業」の予算が上限に達し、補助金が終了となりました。月110億円位のペースで消化しており、年明け2-3月ぐらいで予算到達と予測していましたが、80%到達のアナウンスから、駆け込みでの申請があったようです。

 

 

 

当社では予約確保済みも含めて、約15件の申請となりました。今回の補助金に間に合わず、リフォームをためらっておられる方には朗報です。補正予算にて新たな補助金がスタートする予定です。しかも方法によっては、「こどもみらい」よりも多くの補助金を受ける事ができる可能性があります。

 

 

 

今回、国が力を入れているポイントは「高断熱化」です。高断熱化で一番、効果が高いもの、それは「窓断熱」です。国は窓リフォームのみを対象とする補助金を準備しています。その名も「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業/断熱窓への改修促進等による家庭部門の省エネ、CO2加速化支援事業」

 

長い。。。略称=「先進的窓リノベ事業」と記されています。

 

この補助金のメリットは窓リフォームに特化した補助金で、最大200万円まで補助金を受ける事ができるのに加え、新設される「こどもエコすまい支援事業」も併用が可能です。(リフォームに関しては「こどもみらい」とほぼ同じです。)

 

補助金の規模はこんな感じです。

2023年度補助金、こどもエコ、先進的窓リノベ一覧

 

断熱リフォームは下記のメリットがあります。

・快適性のアップ

お部屋の空間を快適にしてくれます。夏の暑い日差しが窓から入ってくることを軽減してくれます。また冬の窓から伝わるひんやりとした空気も大きく軽減されます。家の中で寒いと感じる事も少なくなるかと思います。

 

・光熱費の削減

部屋で使う空調設備の光熱費は、皆さん気になるところですね。特に冬場のエアコン代、灯油代などで多くの出費をされている方には大変おススメです。部屋と外部がより遮断されることになるので、光熱費は変わってくると思います。

 

上記に加えて、床、壁、天井などの断熱改修や玄関窓、勝手口の交換などを行うとさらに効果は高まります。こちらは「こどもエコすまい事業」での補助金を受ける事が可能です。さらに省エネ給湯器を導入する事で補助が受けられる、「給湯省エネ事業」も同時にスタート致します。

 

簡単に纏めましたが、従来と比べて、かなりお得にリフォームができるのは間違いありません。補助金予算にも限りがある事、お打合せや着工までにはある程度の時間を要しますので、早めにお問合せ頂くのが良いと思います。一から丁寧にプランを創り上げますので、お気軽にお問合せください。

 

 

バルジ建築設計室の施工事例はこちら

お問合せ・お見積や補助金に関するご相談はこちら

 

公式HPは下記バナーよりアクセス頂けます。

住宅省エネ2023キャンペーン

バルジ建築設計室

代表取締役 一級建築士 岡田邦彦

2023年の補助金は要注目!

2022年の補助金よりも充実した内容。特にリフォーム、リノベーションの方はお得に。

国が力を入れるのは、断熱改修!

窓のリフォームを対象とした補助金が新たに新設される。
最大200万円まで補助金が受けられる。

他の補助金とも併用可能

組み合わせてお得にリフォームが可能。

〇要件まとめ〇

補助金は3つ!
・先進的窓リノベ(最大200万円)
・こどもエコ住まい(最大60万円)
・給湯省エネ(最大15万円)